100%オーストラリア

30代で海外移住し現在アラフォーの著者が将来は時間やお金の制限のないライフスタイルを持つ事を目標にオーストラリアでのライフスタイルを綴っています。

オーストラリア生活

ネガティブな感情が体に及す影響

朝6時に起き準備をして仕事にいき、一日中立ちっぱなしで仕事を終え、帰る時にはバスの中でうとうとしている自分がいます。 エクササイズのため、行きも帰りも30分ぐらいウォーキングをしてくるので、家に着く頃にはかなりエネルギーを消費しています。 今日…

あるものに目を向ける

月がきれいでした。 昨日、スカボローサンセットマーケットの写真をシェアしたら日本にいる友人から「羨ましい」とコメントをもらいました。 ウエスタンオーストラリアはコロナの感染者がそれほど多くなく、マスクも今年に入ったらロックダウンの時だけ全員…

喜びを感じたのはいつだっけ?

大人になると家族が増えたり仕事があったりと、慌ただしく時間がすぎていきませんか? 日々の生活の中で、イライラする事や怒ることはけっこうあると思うのですが、楽しくてはしゃいだり喜びを感じることって気にも止めていなかったりします。 辛いことなど…

あれ?尋問型の会話になってる

パースで働き出して2ヶ月半、最近気づいた事があります。 「日本からきた日本人です。」というとかなりの確実で質問されることがあります。 なんだか仕事の面接みたい。 どうやって滞在して居るの? 家族はいるの? パートナーも日本人? 永住権は? どこに…

ようやく解明したやせる理由

ゴールドコーストから シドニーに引っ越したのち、日本に6週間行っていました。 朝昼晩、プラス2度以上のコンビニスナックとほとんど動かない生活を6週間していたため、見事に3キロ体重が増えたのです。 シドニーに帰ったら、ジムと食事を元にもどし仕事を始…

ウエスタンオーストラリアの魅力

気温33度、パースはまだまだ、暑い日があります。 明日は38度まで気温が上がる予報です。 でも湿気がないのでかなりドライなのがパース特徴ですね。 日曜日の今日、お店は閑古鳥がないていました。 何人かのお客さんは朝からビーチで一泳ぎしてきたと言って…

付き合う人を変えると自分もかわる

NSW たまに思い出すボンダイビーチ 世の中には変化を嫌うひとと、変化が好きな人がいます。 わたしは前者。パートナーは後者。 私はオーストラリアに引っ越して、何もない限り一度気に入ったら同じ家に住むことも多く、ゴールドコーストには8年住みました。 …

1日が長く感じる日

いつもと同じように仕事に行き、同じように何人ものお客さんのカットをこなしたのに、お昼や帰りの時間がくるまでに何と時間がかかったことか。 そんなことありませんか? 休みの日はあっという間に時間がたつのに。 そういえば眠気もかなりマックスで帰りの…

休日は時間の早さが2倍

休日の今日、朝6時に起きたのに時計はすでに夜の9時をすぎました。 パースでは自分の仕事が終わる時間には郵便局も銀行も閉まっています。(普通ですね。) なので郵送されたパッケージや銀行に行きたいとしたら当たり前ですが、平日がお休みの日にいくしか…

93歳のおばあさんにインスパイアされた話

私は車を運転していません。 シドニーで車があることのほうがめんどくさかったので手放しました。 シドニーでは道はいつも混んでいるし、いつもイライラしたドライバーがおおく、運転がどうしても好きになれなかったのもあります。 パースに引っ越し、車があ…

制限解除のウエスタンオーストラリア

ニューサウスウェールズ州の新型コロナの危険性がローリスクになったので、NSWからのウエスタンオーストラに到着した人は2週間の隔離とコロナテストが免除になります。 わたしが2ヶ月前にこちらに来た時も、2週間の隔離とコロナ検査はなかったはずなのでし…

最近アレをはりきってました

土曜日、今日も仕事。 平日より公共の交通機関は少ないため、いつもよりかなり早起きしました。 そのおかげで少し早めに家を出れたので駅で一本早い電車に乗れたら良いなーと思いながら歩いていました。 でも、そういう時に限って、目の前で電車の扉が閉まる…

バレンタインデーの思い出

チャイニーズニューイヤーもはじまりましたね! 日本ではバレンタインデーは女の子が男の子にチョコレートを渡す日ですよね。 あれは日本と韓国のだけで、キリスト教圏は大切な人にプレゼントをあげるんです。 とにかくこの日はカップルが愛をお祝いする日な…

ヘイトクライム

あるインフルエンサーのInstagramからの投稿を見てハッとしました。 今アメリカでコロナ以降、人種差別犯罪、アジア人コミュニティに対しての犯罪が1900%も増えていて、しかも4人に1人のアジア人がそういった差別の経験があるというものです。 同じアジア人…

日本というブランド

今日のお休みは占星術のセッションから始まりました。 朝の6時半からだったので早起きです。 しかも今朝のパースは20度以下の寒さ。 夏だと思っていたのに、いつのまにかもう2月。 時間が経つのは本当に早いです。 昨日、今日とパース市内のレストランを散策…

人に会える喜び

ロックダウン明け、今日から条件付きで外に出られるようになりました。 雨も降り、肌寒くて変な感じでしたが、マスクをしているおかげで何となく安心して接客ができます。 パースに引っ越してから始めての長時間マスク着用なので、またマスクによる耳の不調…

とにかく歩く

辛い事があったり、ストレスが溜まったとき、最低でも40分くらい歩くとそれらの辛さが減少するという話を聞いたことはありませんか? 私は過去、悲しくて悔しい出来事があり、胃がシクシクと毎日痛い時がありました。 病院に行くほどの強烈な痛みではなく、…

動ける自由

今日のパース、朝晩は25度くらいで日中も31度とかなり過ごしやすい日でした。 助かります。 夕方、近所の公園を歩いて来ました。 1日1時間でもエクササイズ目的で外に出られることは何よりの救いです。 なぜなら自由でありながら自由でない事は精神的に辛…

ロックダウン3日目すでにどうにかなりそう

朝のエクササイズにて 仕事を7ヶ月間していない時期がありました。 それでもこんなに辛いことはなかったのに、たった3日間のロックダウンですでにおかしくなりそうです。 フランスに住む友人が、初めのロックダウンの時、カウンセリングに来る人があまりに…

モラルある接客

普段のパース 今日のパースは煙で空も白く、空気もひどく、空からは灰が降っていました。 安全な場所だと思って来たのですが、山火事のことをすっかりわすれていました。 天気予報では土曜日から3日間雨の予報。 どうか助けになってほしいです。 今日は接客…

何もしないことの難しさ

今日からしばらく家にこもります。 お弁当も作らなくていいので、食べ物も今あるものでなんとかなりそうです。 家では洗濯か掃除、料理くらいしかしないので、基本はあんまり動きません。 でも、暇があるとやってしまうのがスマホ遊び。 YouTubeも、おすすめ…

正しい足のサイズを知る

オーストラリアにはThe Athlete's Footという靴屋さんがあります。 アスリートと言うくらいなので、スポーツに適した靴や仕事用、学生用などのなんとなく足に良さそうな靴を販売しているお店です。 何度か入ったことはありますが、靴のサイズをしっかり見て…

やめる勇気

たまにはカフェもいいけどね。 ものごとは始めるときよりも、やめる方が数倍も難しいです。 わたしは仕事に行く時、30分以上前に職場に着きます。 朝ご飯も軽く家で済ませるのですが、コーヒーを飲んでゆっくりする時間がないので、職場の近くでゆっくりする…

やっぱり女性はきれいな方がいい

エリザベスキー、パースの一つのデートスポット 日本で働いていた時、先生がよく言っていた事を思い出しました。 「女性がきれいだと日本が良くなる。」 だから私達が存在するするんですよね。 実は今日きたお客さんがイメチェンをしたらしくブロンドからカ…

コミュニケーションだけでは友達はできない

実は引っ越してからまだ友だちができません。 わたしは接客の仕事をしていて、お客さんからはフレンドリーだと言われる反面、プライベートではかなり人見知りです。 場所や人に慣れるまで、よく冷たい人だとか機嫌悪いのかと思われたりするのはよくある事。 …

自然に触れて気分を変える

最近はずっと、だるくて出かける気にもなりませんでした。 仕事と家の往復と、休みの日も実はかなりダラダラしていたんですよね。 暑過ぎなのかもしれません。 今日はオーストラリアデイ。 祝日なのでお休みです。 新天地はとにかく自分の脚で歩くのが土地に…

残念なお客さん、時間泥棒

今日は暑すぎず寒すぎずフレッシュな天候。 オーストラリアで働いて美容師の立場から残念だと思う事があります。 それは、来店予約やチェックインをしていても連絡なしに予約の時間に現れないこと。 スタッフはその人のために開けていた時間が無駄になり、ほ…

これからが夏本番のオーストラリア

週末は街をブラブラしていても人があんまりいません。 いつも週末は働いているのですが、最近は日曜日に休みをもらえることが多くかなりリラックスしています。 リラックスを通り越してダラダラ。 暑すぎる。。 今日はメルボルンに住んでいる友達と電話をし…

暑過ぎて半乾き

パースは今日も日差しが強い一日でした。 本日はお休みなので、朝から家事をしてナショナルパークに行ってきました。 ウエストオーストラリアのナショナルパークは木々が低く、空が近い印象です。 土も赤くて砂漠っぽいところもありますが、とにかくドライヒ…

若く見られることを素直に喜べない私

子供に返ったときの写真 オーストラリアで働いていると、なぜかいまだに美容師の見習いだと思われることがよくあります。 わたしの中では「見習い=若い」とゆう方程式になるのですが、若く見られる事を単純に喜べないいろいろと複雑な気持ちがあるんです。 …