オーストラリアでハッピーライフ

海外移住しアラフォーの著者が将来は時間やお金の制限のないライフスタイルを持つ事を目標にオーストラリアでの生活や髪の事、美容のことなどを書いています。

ラテとカプチーノの違いわかりますか??オーストラリアのコーヒー

オーストラリアは独自のコーヒー文化がある国です。

そういえば☆バックスコーヒーがオーストラリアから撤退!なんてゆうニュースも何年か前にあったのでゴールドコースト限定のタンブラー買ったたんですが、ぜんぜんかわいくないの。残念。

でも、今でもまだ見かけるのでまだシドニーにはあるようです。

 

 私とコーヒー

コーヒーというと、私は美容師になってコーヒーを飲むようになりました。

一日の始まりにコーヒー豆の粉をコーヒーマシーンにセットし、水を入れるとマシーンの水が湧いてお湯が少しずつひいた豆に落ちるとコーヒー豆が蒸され、豆を通過してさらに下に落ちて来たコーヒーはお店一体に香ばしい匂いを広げる、ドリップコーヒー。

 

時間が経つと少し酸味が出てミルクを入れると香ばしさが戻り、飲みやすくなるんです。(酸化してるから美味しくないってゆう人もいますが。)

私はそんなコーヒーを何年も何年も飲んでいました。こっそりと。

 

だからコーヒーは嫌いじゃないんです。

でもオーストラリアのコーヒーはなんだか飲みにくい・・。

 

オーストラリアに来て生活に慣れてくると、いろんな人がコーヒーを持って歩いているのを見かけるようになるんですよね。

語学学校の近くにもあったし、通学していたらかならず通り道にコーヒー屋さんがあります。

今ではセブンイレ○ンでも$1で買えちゃいます。

カフェだと$3か$4ですね。

語学学校でも短期バリスタコースとかあるんですよ。

それくらいコーヒー文化があるんですね。

 

で、そこにはオーストラリア特有のメニューでフラットホワイトっていうのがあって、コーヒとミルクが混ざったものなんですが、日本だとコーヒーミルクというやつです。

これだったらさっぱりしていて飲みやすいよって教えられたので、毎回カフェに行くと

「Can I have a flat white, please?」 

と口癖になるまで頼んでいました。

そのほかのものは試したことがない同じものばかり飲んでました。

うーん。それでもなんだか飲みにくい・・・。

 

そこでみなさん、フラットホワイトとラテ、何が違うのって思いませんか?

そもそもフラットホワイトがコーヒーだということも知らなかったかもしれませんね。

ラテとかカプチーノなら聞いたことありますよね。

ではラテとカプチーノの違いってなんだか知っていますか??

むしろオーストラリアのコーヒーってどんなコーヒーだか知っていますか??

 

これを知ったら飲みにくさも説明できるし、以外と細かいことは知らない人が多いので友達にシッタカできるので覚えておいてそんはないですよ。

前置きが長くなりましたが、今日はオーストラリアでのめるコーヒーについて書きたいと思います。

f:id:behappie:20190926121741j:plain

 

基本の8大コーヒー

  • エスプレッソ

マシーンで抽出した濃いコーヒー

  • ドッピオ

ダブルエスプレッソのみ

  • ロングブラック

エスプレッソとお湯

ですが、日本のドロップコーヒーやアメリカンより濃いコーヒーですね。

  • マキアート

エスプレッソとミルクフォーム

甘いイメージのマキアートですが、ミルクの部分が泡なのでミルク自体はそれほど入っていません。

エスプレッソの苦味も楽しめますね。

  • ラテ

エスプレッソとスチームミルクにミルクフォームが上にのっています。

通常ラテは暖かくても透明なグラスで出てくることが多いです。

  • フラットホワイト

エスプレッソとスチームミルク(ラテのミルクフォームがないもの)

  • カプチーノ

エスプレッソとスチームミルクとミルクフォーム、プラスチョコレートパウダーが表面にパラパラとかけてあります。

好きな人は表面のミルクの泡とチョコレートパウダーをすくって先に食べたりします。

チョコレートパウダーのせいで砂糖を入れなくても若干甘いです。

  • モカ

エスプレッソとホットチョコレートとスチームミルクで上記の中では一番甘いです。

f:id:behappie:20191005220257j:plain

手書きの図です・・。

オーストラリアのカフェで飲めるコーヒーは基本はエスプレッソマシーンで作るエスプレッソとスチームしたミルクでできています。

だから飲みにくかったんですね。。

エスプレッソなんてオーストラリアに来るまで飲んだことなかったですから。

 

 それでも日本みたいなドリップコーヒーを飲みたいw!

私のようにオーストラリアのコーヒーはエスプレッソが強くて、飲みにくいなーという人にオススメなのはFiltered coffee(フィルタードコーヒー)、これは日本のオフィスや喫茶店で出してくれるようなコーヒーと同じで、さらっとしていてとても飲みやすいです。

フィルタードコーヒーをくださいって言ったら出てきます。

最近ではコールドブリューなんて名前で色々なところで出していますね。

☆バックスでも見かけます。

あるお店とないお店があるのでメニューで確認してくださいね。

 

知ってましたか?牛乳って・・

裏の栄養素表を見ると実は牛乳って意外と砂糖が入っているんですよね。

コーヒーにミルクを入れると甘く感じるのはそのせいだったのか!と最近気づきました。

コーヒーに砂糖を入れてないから大丈夫と思っている人は要注意です。

なので私はいつもアーモンドミルクラテを頼んでいます。

(初めはなれないので変な感じでしたが、なれてくると普通のミルクだと変にもたれてしまいます。)

日本ではまだアーモンドミルクの需要やオプションが少ないかもしれません。

 

まとめ

今日はオーストラリアのコーヒーの種類と違いを書いてみました。

オーストラリアのコーヒーはエスプレッソとミルクできているのでドリップコーヒーより強く感じます。

せっかくなのでどうかラテとフラットホワイト、カプチーノの種類だけでも覚えてください。

友達に自慢してやってください!