オーストラリアでハッピーライフ

海外移住しアラフォーの著者が将来は時間やお金の制限のないライフスタイルを持つ事を目標にオーストラリアでの生活や髪の事、美容のことなどを書いています。

シドニーでホエールウォッチングに行くなら知っておいたほうがいい事

 

f:id:behappie:20190822144946j:plain

サーキュラーキー、ここからクジラを見るためのボートが出港します。本当に良い天気。

早速ですがクジラを見るツアーに行ってきました。

お天気も良く絶好のボート日和でしたよ。

 

ホエールウォッチングとは 

クジラは6月から11月にかけて季節限定でオーストラリアの東海岸沖でみることができます。

ゴールドコーストではよく、白いクジラを見かけた話や海岸から結構近いところでクジラが見えたなんて話を聞いたことがありますが、シドニーでもクジラが見られるとは初めて知りました。

f:id:behappie:20190912134316j:plain

オーストラリアにはこういう崖が多いので高いところからクジラを探すこともできる。こちらはゴールドコーストからやや南に行ったLennox headという場所

この時期はクジラの繁殖時期で寒いところから暖かい方に移動していきます。

そこで、クジラたちは家族が増えたことに幸せのダンスを踊りながら海を泳いでいるんだと聞いたことがありますが素敵な話ですね。

優雅に踊るクジラの姿を想像しながらツアーに行ったのですが、とってもシャイなクジラたちばかりで今回はクジラの背中と潮が上がっているのを何度か見ることができましたが、空中をジャンプして踊っているクジラには出会えずでした。 

www.instagram.com 

 

写真に取れるほどクジラは正体を表してくれませんでしたが、イルカはボートと一緒に遊ぶのが好きみたいでイルカの泳ぐ姿はバッチリカメラに収めました。

意外と早いです。

 

シドニーのホエールウォッチングツアー

値段・時間

12:15~16:15 

大人1人$94 ランチ付き

ランチ

ツアー自体はランチ付きで4時間と意外に長いのですが、これが後々悪夢となりました・・。

ランチはバッフェ形式でしたが小さなボートの中なのであまり豪華な感じではなく、お皿に野菜とパンとソーセージとフライドライスが乗ったような簡単な給食みたいなもので、細かい好みは言えません。

コーヒーとお茶はセルフサービスでテーブルもホテルのようにセッティングされているわけではないので、ちょっと期待が外れて残念でした。

こういうツアーのランチバッフェはだいたい簡単な食事で、BBQと書いてあっても本格的なBBQは想像しないほうがいいです。

どちらかというとサンドイッチを自分で作るようなイメージですかね。

クジラを見るのがメインのツアーなので、ランチがついてくるだけラッキーです。

ボートが揺れるので落ち着いてご飯も食べられませんでした。

ちなみに船酔いする人は、あまり食べ物を食べないほうがいいそうですので少なめにしておきましょう。

 

クジラ探し 

さて肝心のクジラはどうやって探すのかというと、私はてっきり最新のテクノロジーかなんかで簡単に探知するのかなーなどと想像していたのですが、なんとクルーたちがアナログで望遠鏡を使ってボートの上から探しているではありませんか。(意外すぎた。)

もう少し確実な方法でクジラを探しているんだと思ったのですが、違かったみたいです・・。

ちなみにお客さんも探すのをお手伝いする仕組みになっています。

もしクジラに出会えなかったらもう一度ツアーに連れて行ってくれるという保証付だったので私たちにとっては損はないのですが、クルーたちも必死ですよね。

 

予期せぬ事態

出港してからはじめの方はサーキュラーキーやシドニーのシティーが見えるので外に出て写真撮影している人もいたし、観光を楽しんでいる人もいてみんな大はしゃぎでした。

f:id:behappie:20190912142506j:plain

だんだん離れて行くところ

f:id:behappie:20190912142804j:plain

f:id:behappie:20190912142623j:plain

だいぶ遠くなりました。

ボートは2階になっているので2階席からは徐々に遠くなって行くシドニーを堪能できてよかったのですが時間が立つに連れてシドニーのシティーも遠くなってくると、海面がだんだん荒くなってきたのです。

地上ではいいお天気で風もあまり感じなかったのですが、ボートは動いていますし、沖に出れば出るほど波が高くなって、少しずつ気持ち悪くなってきました。

船酔いです。

しかもクジラはまだ見つからないし、4時まで相当時間がある・・・。

勝手に帰ることも出来ないし、トイレが壊れているという始末。

 

クジラは見つかったのか?

その頃クルーもだんだん焦り始めてきていたと思います。

もう長いこと船に乗っているのに今日はクジラがいないぞと。

他のツアーでおきに出ているボートのあとをつけてみたり移動したりしてようやくクジラ発見の第一報が入りました。

クジラが潮をふいているのが見えますか?とか

船から左の方角にいます。とか

もうね、遠すぎたし、クジラもゆっくりと空中をジャンプしてくれなかったので、全然見えないんですよ。

船酔いも気持ち悪かったし、ボートが移動するたびに一階の外にいる人たちはびしよ濡れになるくらい波が高かったのとクジラも一瞬で姿を消してしまうので、目を凝らしていてもなかなか見つからず、私は背中から潮が上がっているところしか見ることができませんでした。

パンフレットに載っている写真は本当に運がよかった時に取れた写真なんどと思います。

4時間、ちいさな船に揺られるのは本当につらく、クジラをみたあとは早く陸に戻りたい一心でした。

 

まとめ

その日は船酔いしているお客さんたちは何人かいましたが、4時間は長いし飽きるのでもう少し短いツアーで確実にクジラを見られるルアーがあったらいいなと、そんな調子の良いことを考えながらこの記事を書いているところです。

どとらかと言えばちょっとマイナスなイメージの記事になってしまいましたが、それでもクジラが見たいという人はぜひ、ツアーに申し込んで見てください。

もしラッキーならクジラが間近でジャンプするところを見られるかもしれないですね。

船酔いに注意してください。船酔い対策として、ランチは食べ過ぎないほうがいいです。

バッフェ形式のランチは簡単なものなので、足りない人は何か持参したほうがいいかもしれないです。

クジラは高い丘の上からでも探すことができるので、試しにぼーっと探すことも出来ます。

ホエールウォッチングは季節限定です。6月から11月くらいに行ってみてください。

 

 

f:id:behappie:20190822145904j:plain

アザラシが海の上で休んでいます。見えますか?茶色の物体ですよ。

f:id:behappie:20190822150017j:plain

帰りの船で鳥がボートと競争していました。

ちなみにこのツアー90%の確率でクジラに遭遇できるようです。

3時間半くらいのツアーです。船酔いの方は行かないほうがいいかもしれません。

船に乗らなくても運が良ければ丘から見えたりビーチから見えたりするので、時間がある方はボーッと海を眺めて見るのもいいですよ。